スポンサ ードリンク

2009.03.10

ダイエットは日常生活に組み込むべし その2

昨日、体脂肪率を計ってみると、


9.8%


でした。こりゃ、パンクラスの選手並ですわ。イチローは6〜7%らしいので、その域ではないですが、若干嫌な予感がしてきました。痩せすぎて不安になるとは思っても見ませんでした。体重は63.4kgでしたが。


先日、実践しているダイエットとして、


1) 全粒粉パスタなどを利用した低インシュリンダイエット
2) スキムミルクヨーグルトを利用したヨーグルトダイエット
3) プロテインダイエット
4) 朝バナナダイエット
5) ヘルシア緑茶
6) サプリメントの利用


を挙げました。今日はこのうち、ヨーグルトダイエットを紹介します。これも生活の中に組み込むことのできる、手軽なダイエットの一つです。gooダイエットで紹介されていたものです。まずはレシピから。


プレーンヨーグルト 100g
赤ワイン 大さじ2杯


これを一日一回、食前に食べます。たったこれだけ。これだけで、びっくりするほど・・・出ます。ボクの場合は、昼食と夕食前に食べています。特に昼食はかなりしっかりと食べるので、食事後すぐに、出ます(別に食べたものがすぐに、出る訳ではないのですが、それまでの蓄積が食事後、すぐにといった感じです)。


実践として、当初、ボクは、


スーパーの特売品のヨーグルト(500gで約100〜130円)を4〜5個まとめ買い
1パックにつき、赤ワインを大さじ10杯とオリゴ糖大さじ2杯


を入れて食べていました。オリゴ糖を入れることによって食べやすくもなりますし、ビフィズス菌の働きがより活発になると聞きもしたからです。


ただ、それだと冷蔵庫がヨーグルトだらけになります。全粒粉小麦で一杯のわが家の冷蔵庫には、ちとキツいです。また、購入が面倒くさいというものありまして、いろいろと探してみると、ヨーグルトメーカーなるものがあることを知りました。


牛乳と種菌(=ヨーグルト)を入れてセットすれば6〜7時間で大量のヨーグルトができるというものです。早速購入して、作ってみることにしました。


ボクはあまり牛乳をゴクゴク飲む人間ではないので、スキムミルク(脱脂粉乳)を使ってやることにしました。牛乳の脂肪分を抜いて、粉状にしたものです。超低脂肪で、カロリーも少ないのでオススメです。ヨーグルトメーカーの説明書にレシピが載っているので、それに従って作れば簡単にできます。ボクはレシピの倍量(約1100g)作っています。


また、このスキムミルクは栄養価が高く、保存が効き、いろいろな用途に使えるので結構重宝します(ボクの場合、牛乳だとどうしても腐らせてしまうので・・・)。具体的には、


1) パン作りの際に5g程入れる
2) プロテインダイエット飲料の牛乳の代わりに利用
3) コーヒーフレッシュの代わりに小さじ1〜2杯利用


といったところです。以下は参考までに。


ヨーグルトメーカーです。タニカというメーカーが一番の老舗らしく、長年のノウハウが蓄積されているだけあって、ネットでの評判も上々です。容器が二つついていたり、消毒の方法が簡単など、使い勝手が良いです。
↓↓↓


【スポーツ0903】【送料無料】タニカ ヨーグルティア スタートセット(ヨーグルトメーカー) Y...


スキムミルクです。全粒粉小麦を普段買っているところで安く、大量に売っているのを後で知りました・・・次に買う時にまとめて購入するつもりでいます。普段は、スーパーのポイント5倍の日にまとめ買いするもので・・・普段使うものですから一度に大量に買った方がお得です。
↓↓↓


[チャック袋]よつ葉 脱脂粉乳(スキムミルク) 1kg_


今使っているスキムミルクはこちらです。スーパーなどで手軽に買えるのはこれでしょう。上記に比べると割高の感が否めません。
↓↓↓


森永 スキムミルク 225g

16:06 | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。