スポンサ ードリンク

2010.06.07

iphone OSのアップデート発表

iphone OSのアップロードが発表された。
iOS4という名前らしい。

100項目の追加があるとのこと。

マルチタスク対応が特に取りざたされているが、

ボクにとっては、

blue toothのワイヤレスキーボード対応

が大きな目玉。

evernoteでメモを取る際にかなり重宝しそう。
とはいえ、プレミアムにアップグレードしないとオフラインでは利用できないので、
これを期にアップグレードを検討しようか。

板書ノートやレポートなど、気軽に外出先で入力できる。

あとはキーボードの携帯性だが。
なにやらiphone用のblue toothワイヤレスキーボードの発売が噂されているらしい。
とりあえずは「見」

考えられる環境としては、

1)ipod touch+ワイヤレスキーボード+evernoteプレミアム
2)ipod touch+ワイヤレスキーボード+evernote+eoモバイル
3)ipad+evernote+eoモバイル


といったところか。


1)の場合はアップロードするデータ容量が増えるので、PDFもどんどんevernoteに放り込むことができる。


2)はデータ容量は少ないが、外出先で長文のメモをとるのはマクドナルドなどだから自宅とほぼ変わらない環境でevernoteを使うことができる。


おもいきって3)にするという手もあるが、ipadを外出先で人前に出すのは気が引ける。PDF書類が溜まってきたら、いつかは購入するつもりだが。


やはり費用の面が大きいだろう。
ワイヤレスキーボードを10000円とすると、初期費用は


1)ipod touch+ワイヤレスキーボード+evernoteプレミアム


 \10,000+\5,200(一年分)=\15,200


2)ipod touch+ワイヤレスキーボード+evernote+eoモバイル


 \10,000+\1,000(初回事務手数料)+\315(一ヶ月分)=\11,315


3)ipad+evernote+eoモバイル



 \68,800(64GBモデル)+\1,000(初回事務手数料)+\315(一ヶ月分)=\70,115


となる。


手ごろなのは2)か。1)と2)の合わせ技というのもあるが、やはり費用対効果がどれくらいになるのかを考える必要がある。


1)でスタートして、必要なら2)を組み合わせてみる、もし使う機会が少ないようならプレミアムを解除するという手も考えられる。


なにはともあれ、iphone用のblue toothキーボードの登場を待つことにしよう。


16:18 | Comment(0) | Macintosh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。