スポンサ ードリンク

2010.06.16

Scan Snapで失敗

中間テストが終わり、期末テストまで間がないが、
自分自身のレポートも一段落ついたので、
少しずつ部屋の整理をしている。

併せて、Scan Snapで書類の整理もしている。
いまさら書くまでもないことだが、
ScanSnapとは書類に特化したスキャナ。


ボクが持っているのは、

Scan Snap 1500

一分間に20枚ほどのスキャンが可能でかなり快適。
廉価版の1300という機種もあるのだが、
それは一分間に8枚ほどのスキャン。
実売価格で二万円ほど異なるが、
長く使うものと思い、思い切って高いほうを購入。

結果、それで良かったと思っている。

問題は、普段ボクが使うパソコンがMacだということだ。

Mac用のScan Snapは1500Mというのがあるらしく、
ボクが購入したのはWindows用。

正直、知らなかった…

ソフトもハードもMacにもWindowsにも対応

とうたってあったからだ。

当然、Macでも使用はできるのだが、
細かい調整ができない。

たとえば、
文字がそれほど詰まっていない漢字の問題集は
かなりズレてしまう。
何度やってもズレる。
したがって、
読み込んでから補正をしないといけない。

Macでそれをしようとすると、
専用ソフトが必要になるのだろうが、
そのソフトは当然付属していない
(1500Mで可能かどうかはわからない)。

しまった…

けれど…

と思い、BOOT CAMPでWindowsを起動。
Windows版でスキャンしてみた。

…やはりズレる。

…が!

Windows版のScan Snap Organizerは
角度の補正ができた。
しかも、0.1度単位で。
これは便利。

さらに、PDF書類の文字認識処理を
読み込んだ後にすることができる。
Macではできなかった機能だ。

いや、正確に言うと、Mac用のScan Snap Organizer
が付属していないだけなのだが。

あれだけ下調べをしたのに…
いろいろと反省の毎日。

とりあえず、
スキャンする時にはWindowsを起動することになりそう。
あとはMacとどのように情報共有をするかだが、
これは外付けハードディスクを使うことで
処理するしかないかなと思っている。

バックアップをとる必要もあるし。
それはこれからの課題だ。


17:21 | Comment(0) | Macintosh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。