スポンサ ードリンク

2010.07.08

洗剤革命の使い心地

オーディオブックで築山節氏の脳に関する著作を聴いている。

その中で特に気になったのは、

単純な作業のみにならないためにも
家事をするべき

という箇所。
それからというもの、
家事にはまっている。

料理自体はこのブログでいろいろと書いてきたが、
苦手なのは後片付け。

何かないものかとおもっていると、
洗剤革命というものを発見した。

何にでも使える万能洗剤という触れ込み。
粉末の洗剤で、
量を調整することで何にでも使えるというもの。


食器洗いはもちろん、
洗濯、風呂洗い、
量を調整することで、消臭剤としても使える。

基本は食器洗いに使っている。

洗い桶に洗い物を入れる。
洗剤革命を付属スプーン一杯。
そこに湯を張って、
15分ほど待つ。

あとはすすぎをするだけ。
すこぶる簡単。

洗浄能力もかなりのもので、
かといって天然由来の成分を使っているらしく、
体に悪くもない。

ウーロン茶を入れていたポットは
スプーン一杯の洗剤革命を入れて、湯を入れるだけ。
それで15分ほど待てば、
頑固な茶渋も驚くほど落ちる。

カレーを作った鍋も同様にするだけで、
簡単に汚れが落ちる。

これがなかなか楽しくて、なんでもかんでも洗い物に使っている。
耳かき一杯で消臭剤として使える。
ボクの場合は耳かき一杯ではなく、
スプーン一杯で洗剤をつくり、
壁紙にこびりついたタバコのシミを消している。

楽しいと思えることが脳にとってもよいらしいので、
これで洗い物が苦にはならず、
脳を鍛えることにもなり、一石二鳥だ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。