スポンサ ードリンク

2010.09.05

佛教大学 レポート作成について その2

大学のレポートを作成している。

入門書を見つけた、
テキストから該当箇所も引っ張り出すことができた

という段階ができれば、
レポート作成は可能。

とはいえ、フォーマットがわからない。
そういうことがあった。
そのために様々なレポート作成についての本を読んだ
(当然だ! というおしかりの声があろうが)。

レポート・論文の書き方入門第3版

レポート・論文の書き方入門第3版

価格:1,050円(税込、送料別)



レポート・論文の書き方の本というのは、
レポートについては少しの記述があるだけで、
ほとんどが論文をターゲットにしている。
その中でも、レポートについて書かれてあるのが、


レポート・論文の書き方入門第3版




基本的なフォーマットとして、
何をどれくらいの分量(パーセント)で書けばよいのかが述べられている上に、
見本のレポートが書かれてある。
この「見本」が役に立つ。
抽象的に全体像が提示されているだけではない。
自分が書こうとするレポートと比較できる。


とはいえ、この「見本」が通用するかどうかはわからない。
他の「見本」を手に入れることもできる。


happy campus


というサイトにいけば、
様々な「合格済み」レポートを、有料ではあるが手に入れることができる。


ただ、これはあくまでも見本。


A判定で合格済み


と書いてあってもそれが本当かどうかはわからない。
しかも、誤字脱字がある場合がある。


それでも、「見本」としての価値はある。
あくまでも「見本」であるが。
この「見本」を軸に、自分が書くべき点を比較して記述していく。


とにもかくにも、
様々な資料を集めて、
考えに考えて、
書いては直し、書いては直し
を繰り返す。


この作業を日々やっている。
ボクの他にも様々な方がチャレンジしていらっしゃるが、
その方々の努力も並大抵のものではないだろう。


お互いにがんばりましょう。


レポート・論文の書き方入門第3版

レポート・論文の書き方入門第3版

価格:1,050円(税込、送料別)


17:46 | Comment(0) | 佛教大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。