スポンサ ードリンク

2010.09.12

外付けハードディスク導入

外付けのハードディスクを購入した。
ずいぶん前に購入したのだが、忙しさにかまけて一切触れていなかった。

ボクがハードディスクにはじめて出会ったのが、
中学生の頃。

当時通っていた塾の先生に勧められて購入した。
OSのインストールなどは先生に行ってもらい、
今は亡きFMTOWNSに接続した。

当時のハードディスクは容量によって二種類に分かれており、

20MBと40MB。

今から考えるとなんとも頼りない容量である。
それでも、フロッピーディスク何十枚分にも相当し、
速度も速かった。

中学校ではカセットテープが現役バリバリだったので、
それから考えるとかなり最先端をいっていた。



時は移って、2010年の現在。


ボクのiMacは仕事用にWindowsも利用しているのだが、
ハードディスクを等分割しているために、
メインで使っているMacの方の容量がずいぶんと不足してきた。
特にitunesでの利用がとんでもなく多く、
その対処のため。


ボクが買ったのは、


バッファロー製ハードディスク 1.5TB HD-CL1.5TU2




ネットで大体1~1.5万円で購入できる。
ここまで進化したのか…と感慨しきりである。


Macにつなぐと、
まずTime Machineによるバックアップをほぼ自動ではじめてくれる。


目的はiTunesのデータの移行だから、
同時並行でネットで探すと、アップルのウェブサイトにやり方が書いてある。
ものすごく簡単。


バックアップと同時進行だったので、
移行にずいぶんと時間がかかったが、
まだ1TBは残っている。
これでおそらく容量には当分困らないだろう。


たまっている書籍のPDF化作業もどんどんできるはず…



23:02 | Comment(0) | Macintosh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。