スポンサ ードリンク

2010.09.18

武田鉄矢主演 刑事物語

刑事物語を観た。

主演はもちろん武田鉄矢。
2〜5まではボクが小さい頃にテレビでやっていたし、
ビデオでも何度も観た。

ところが、
その第一作目が記憶にない。

実際に観て、

あぁなるほど、と思った。

刑事物語

刑事物語

価格:3,591円(税込、送料別)



福岡の警察署に勤める刑事、片山一(武田鉄矢)は、
とある風俗店の立ち入り調査に駆り出される。
次々と逮捕、連行されていく風俗嬢たち。


そんな中、彼が担当したのは、
なんと耳が不自由な風俗嬢。


刑事である自分を客と思い込み、
不自由な口で、


「精一杯サービスさせていただきます


その言葉に哀しさを感じ、
なんと片山は彼女の身元引受人となる。


そしてそれが原因で、
彼は静岡まで飛ばされることに。
夜行列車に乗り、新たな赴任先へと旅立つ二人。


予定していたアパートでは、一つの部屋しか用意されておらず、
同居することに…。


片山は彼女に


決して外に出ないように


と言い含めて、仕事に出かける。
だまされて風俗嬢にされてしまった彼女を思いやっての行動だが、
それが逆に彼女を苦しめることを知らずに。


そして片山が新たな任地で担当したのは、
娼婦連続殺人事件だった…


という話。


テレビで放映できない大きな理由はやはり、
ソープランドがかつての呼び名で呼ばれているからだろう。


金八先生ではできないことをやろうとして、
大上段に構えたのであろう作品。
今から思えば、よくもまぁ、続編が製作されたなぁという印象。
内容が悪いというわけではないが。


刑事物語2 りんごの詩では
コメディシーンとシリアスシーンが絶妙な割合でブレンドされていたが、
今回は、ほぼシリアス一辺倒。


あまりにも健気で、だからこそあまりにも哀しい男の物語。
他のシリーズを観たあとだとギャップに苦しむことだろう。


あ、あと、ギラギラとギラついた眼の田中邦衛が観られるのも
この作品の特徴か。


刑事物語

刑事物語

価格:3,591円(税込、送料別)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。