スポンサ ードリンク

2011.04.04

iPad2購入計画 その2

iPad2の購入を検討していると昨日のブログに書いた。

一つの理由としては電子辞書として使用するため。
もう一つはノートパソコンとして使用するため。

ただし、ボクの場合は、
プレゼンテーションソフトをバリバリに使ってだとか、
画像編集ソフトでガンガン編集してだとか
ではない。

主に、

文房具
特にevernoteへのデータ入力

である。

現状、外出時にはヒューレット・パッカードのネットブックを持ち歩いているが、
これがなんとも頼りない。



CPUのパワーが足りないためか、
ATOKを利用すると、変換時に変換候補がちらついて、
なかなか目的の単語にたどり着けない。


MS-IMEに変えると少しは状況が改善されるが、
それでもちらつきが解消されるとまではいかない。


ipod touchで入力すれば…というのも選択肢として考えたが、
その場合、長文の入力に適さない。
携帯電話のテンキー操作にせよ、
それに比べると快適ではあるiOSのフリック入力にせよ、
ボクにとってはイライラのもと。


iPad2ならば、ソフトウェアキーボードがあるし、
キーボードが付属したカバーも発売されている。
入力という面では現行の環境よりもよいだろう。


ただし、インプットメソッドの問題がある。
iOS付属のインプットメソッドが極めて貧弱なのだとか。
仕様により、サードパーティのインプットメソッドは搭載できないのだとか。
それを回避するために、ATOK搭載のメモがアプリとして発売されている。
その使用も考えられるが、最終的にevernoteに移さなければならず、
それはそれで<無駄な>面倒だ。
いくら今年のテーマが<面倒なことを率先してやる>ということであっても、
<無駄な>面倒は回避したい。
これは実際に導入してからのことだろう。
ただ、あまり深くは考えていない。
ボクは長文をだーっと入力してから変換するタイプではないからだ。
1〜3文節ごとに変換をしている。
あまりインプットメソッドが賢くない時代からパソコンを
<使ってだけは>いたからだろう。


あとは重さの問題。
ネットブックが重く感じられるようになってきた。
ipadであれば、今より軽く、そして薄い状態でかばんの中に入れられるので、
通勤時の負担は軽減される。
かばんが重いと、本当に気持ちが憂鬱になる。
そのあたりを解消してくれるのでは…と期待している。


初代のiPadは、実際にさわってみた感じでは


ipodや携帯電話の感覚で持つと重いが、
ノートパソコンの感覚で持つと、極めて軽い


という印象。


iPad2になって、軽さ、薄さがさらに強まっているのだから、
これはやはり「買い」ということになるだろう。


あとは問題は「資金」…
64GBモデルを購入した上で、電子辞書をいくつか買い込まなければならない。
さらにキーボード付きのカバーを買う予定。
結局、8〜10万円くらいの出費にはなるだろう。
そこまでの魅力があるのかどうか…
ここが思案のしどころではある。


…倹約だな。



22:29 | Comment(0) | Macintosh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。