スポンサ ードリンク

2011.05.16

iPad2とモレスキンノート

震災による発売延期から約1ヶ月。
とうとうiPad2を購入する日が近づいた。
次の給料日には、iPadが手元に・・・

わくわくしかしない。
給料日に確実に買えるように予約をしに行かねばならない。

・・・が、その前に今月二回目のテストが・・・
勉強勉強、また勉強、である。

さて、iPadに何を求めるのか、というところだ。

EVERNOTEの利用というのが大きい。
メモをすべてiPadを使って、EVERNOTEに入力する。
手軽に持ち運びができるという点ではかなりのアドバンテージ。

ネットブックに比べて画面が大きいというのも良い。
app storeで気軽に辞書やアプリを追加できるというのも良い。
今までipod touchでしてきたように、映画を取り込んで見ることができるのもよい。

自分にとってはやはり、EVERNOTEを気軽にどこでも大画面で使えるというところがいい。
視野範囲の関係で、
EVERNOTEに蓄えていたメモはほとんど印刷していた。
その印刷がなくなるというのが良い。

ATOKなどのインプットメソッドをiOSに組み込むことができないという欠点はあるが、
それはATOK PADを購入すれば、問題ないだろう。
テキストエディタにATOKを乗せたもので、
EVERNOTEとも連携できる模様。
ボクの使用環境では問題ないところ。

手放せないツールになることは間違いない。

手放せないツールといえば、

モレスキンノート

も手放せない。



現状の利用は、一日の予定をきっちりと書き込むというのに使っている。
スケジュール自体はipod touchのicalで管理している。
(googleカレンダーがかなり使いやすいらしいので、
 そちらへの乗り換えも検討中・・・
 クラウドサービスだからオンラインでないと使えないだろう。
 そのあたりがiphoneではなく、ipod touchユーザーの悩みどころ)


では、どのような使用方法かというと、


一日の、TODOリスト作成


例えば、前日(もしくは当日の朝)に以下のように書き込む。


7:00~8:00
 起床
 朝食
 音読
8:00〜8:30
 通勤(自習室)
8:30〜9:30
 佛大 学習
 読書
 ブログ


というように。
この段階では、「漠然と何をするのか」しか書かない。
三色ボールペンで、


 最重要(大学関連)→赤色
 重要(仕事関連) →青色
 趣味       →緑色


と色分けして、上記の順番に書く。


15分で一つの作業(大学の資料読みや読書、ブログ執筆など)とする。

きちんと完成しなくても15分きたら作業を止める。

そして、以下のように、具体的に何をしたのかを記入する。



7:00~8:00
 起床
 朝食 ご飯、納豆、さんま蒲焼き
 音読 教育心理学解答
8:00〜8:30
 通勤(自習室)
8:30〜9:30
 佛大 学習 人権(同和)教育
 読書
 ブログ


そして次の作業をする。



1時間で3つの作業ができるわけだが、

15分は予備。

作業から作業への移行であったり、

休憩であったり、

仮眠であったり。



行動予定表と、行動結果の記録というわけだ。

あくまでも客観的なデータの集積としている。

ある程度たまったときに、この手帳をパラパラと見返すことをしている。

表三郎先生の「人生に成功をもたらす日記の魔術」に触発を受けている部分。



結局のところ、



ipadはアウトプット作業のほぼ全て

モレスキンノートは行動記録表



という分け方になるだろうか。

とにかく給料日が待ち遠しい。




22:23 | Comment(0) | Macintosh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。