スポンサ ードリンク

2011.06.03

介護等体験 特別支援学校 初日 その1

特別支援学校の介護等体験に行ってきた。

特別支援学校で二日間、
社会福祉施設で五日間の実習をするというもの。

佛教大学では、

介護等体験演習という科目をスクーリングで一日受講し、
その際に必要書類を手渡される。
そして、健康診断書やはしかに対する抗体があるかどうかの診断書を提出。
その後に学校や施設で実習という流れになる。

たまに佛教大学関連でこのブログを訪れる方もいらっしゃるようなので、
体験記を記しておく。

ボクの場合は、
京都の、とある盲学校での実習となった。
大阪に住んでいるために、6:30には出発。
現地に到着したのが8:30…
以下、タイムテーブルと実施内容などを書いておく。

8:45 受付
 名前を告げ、名札を渡される。
 おでこにあてる体温計(そんなものがあるのを初めて知った)で体温測定。
 両手をアルコール消毒し、所定の部屋へ


9:00 開校式
 副校長の挨拶
 必要書類の提出
  1)証明書(→これがなければ、当日取りに帰るか、後日持ってきて、さらに後日受け取りに来なければならない。要注意!!)
  2)印紙代400円
  3)学校から配布される用紙(当日記入)
 服装に関しての注意
  礼儀として、スーツだろ…と。
  普段スーツだから、逆に気を使って、ラフでない程度の私服で行ってしまった。
  ボク以外にも社会人の方は軒並みその模様。
  逆に学生の方々はスーツ…
  そう言えばスクーリング時に同じことを言われていた…
  …猛省。
 タイムスケジュールの説明


9:30 着替え


9:40 授業見学
 二日目の体育祭に向けての授業参観を体育館で。
 一クラス分の授業を見させていただく。
 一クラス3〜4人の生徒。
 教師は同数もしくはプラス1人。


10:20頃 グループごとに各クラスへ
 事前に分けられたグループごとに、各クラスの授業参観。
 ボクは幼児部。
 今日は一人の生徒しかきていなかったので、
 その子とすこしだけ交流。
 体育館に移動して、翌日の出し物(いわゆる障害物競走)で使う道具の位置確認。
 (午前中に実際に見れたのが大きかった。
  午後の作業がかなりラクにできた)


11:00頃 体育館で各グループ合流
 次の授業までの間に時間があったので、
 明日実際に使用するコースを体験。
 当然、目を閉じて…これがかなりこわい。


11:30頃 授業見学
 運動場で別のクラスが体育の授業をしているので見学
 まずはラジオ体操。ボクらも横で実施。
 オン競争(おそらく音競争)の実施。
 音を頼りに一直線に走るというもの。
 先ほどのコース体験があったから、思い切って走る生徒たちに
 実習生みな驚嘆。


12:00頃 自己紹介および、報告会
 各グループで何をしたのか、
 何に気づいたのかの報告会。
 それまでできなかった自己紹介も一緒に。


12:30〜13:00
 昼食


午前だけで書き出していると盛りだくさん。
「介護等体験記録簿」に記載するための下準備としても書いたのだが、
果たして、どれだけ書ききれるものか…
続きは後日。
22:22 | Comment(0) | 佛教大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。