スポンサ ードリンク

2011.07.17

教育実習 内諾の電話 その2

教育実習の内諾の電話を遅まきながらしたという話を前回書いた。
電話で話す内容を考え、覚え、その上で電話をした。

ボク お忙しいところ失礼いたします、
   私、○○年卒業生で、
   佛教大学通信課程の ■■と申します

   (よしよし、順調)

   教育実習受け入れの件で
   伺いたいことがございまして、
   お忙しいところ申し訳ありませんが、
   ご担当の先生は…

先生 はい、おまちください

ボク (「お手すきでしょうか」という決めゼリフが…)


K先生 電話かわりました


ボク お忙しいところ失礼いたします、
   私、○○年卒業生で、
   佛教大学通信課程の ■■と申します



   教育実習受け入れの件で
   お電話を致しました、
   今お時間よろしいでしょうか。


K先生 はい


ボク 現在、国語の教員免許の勉強をしておりまして、
   御校で


   (…ん? 具体的な学校名を言った方がよかったか?)


   あ、いや、〜学園で
   教育実習をさせていただきたい
   と思っております。


   まだ来年度の受付は
   していらっしゃいますでしょうか


K先生 まだやってますよ。


ボク (ホッ…)


K先生 ただ、うちの場合、すぐには実習できないんです


ボク (…? どういうことだ?)
   と、申し…
   (しまった! 謙譲語を使ってしまった!)
   …おっしゃいますのは?


K先生 この時期にお電話いただく方が大変多くて、
    来年度対応しきれないくらいの人数なんです


    そこで、申し訳ないんですが、
    ○月×日に受け入れについて一斉テストをさせていただきます
    それを受けていただいて、ということになりますが、
    いかがでしょうか。


ボク (…ゲゲッ!!)
   是非お願いします。


その後、たどたどしいながらも電話を続けた。


テストの要項を郵送にするか、取りに行くかと聞かれたので、
挨拶も兼ねて取りに行かせていただくことにした。
お盆までまだ時間はあるが、
あまり長く帰省できないので、
分割帰省も兼ねて。


…ということで、テストを受けることになった。
…というわけで、基礎の基礎の基礎から勉強を再開している。
大学の勉強については、少々後回し。


とにもかくにもテストに受からねば…
22:38 | Comment(1) | 佛教大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
読了
Posted by 自由堂 at 2011.07.17 23:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。