スポンサ ードリンク

2011.08.07

介護等体験実習 その1

ずいぶん前の話になるが、七月末に
佛教大学の介護等体験実習にいってきた。

事前に介護等体験実習研究というスクーリングを受ける。
その際に必要な書類を受け取る。

麻疹に対する抗体があるかどうかの検査を個人で受け、
健康診断も同じく受け、
コピーを大学に郵送する。

再び書類が送られてくるので、
都合の悪い時期があれば記載して返信。
受け入れ先が確定したら、
その旨郵送される。

今回実習でお世話になったのは、
とある特別養護老人ホーム。

送られて来た書類を元に事前連絡をする。
ボクは、数点質問があった。

1)終了時間は書類に記載の通りかどうか
2)健康診断書は、人間ドックにいった時の書類で代替可能かどうか
3)食事準備のお願い

1)終了時間は書類に記載の通りかどうか


開始時間が、
初日は9:30から、
二日目〜五日目は9:00から。
終了時間は、16:00との記載。


塾で授業があったので、
長引くような場合は、連絡をしなければいけない。
そのようなことがあるかどうか伺ったのだが、
時間の延長は特にないとのこと。


2)健康診断書は、人間ドックにいった時の書類で代替可能かどうか


同年度中にうけた健康診断の診断書を当日持参しなければならない。


コピーではなく、原本を大学に送ってしまっていたので(汗)
別で受けた人間ドックの診断書でもよいでしょうかとの問い合わせ。


健康診断で問われる項目はカバーしているが
ずいぶんと量が多いので、そのあたりを心配しての質問。


これも問題は特にないとのこと。


3)食事準備のお願い


他の施設はどうかしらないが、
ボクがお世話になった施設では、
事前にお願いしておくと、昼食を用意してくれる。
一食300円。
かなりリーズナブルなので、お願いした。
終了日にまとめて精算とのことだった。


ちなみに、ボクは事前に連絡をする前にメールを送っておいた。
内容としては、


電話をさせていただきたいのですが、
お邪魔にならない時間はいつでしょうか?


というもの。


いきなり電話をするのは、こちらも緊張する。
施設側が忙しい時間帯かもしれない。
まずはメールを一本送っておく方が、
電話をする時のハードルが下がるというもの。


予想通り長くなったので、続きは次回。
17:36 | Comment(0) | 佛教大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。