スポンサ ードリンク

2011.08.18

三国志で攻略! センター漢文12

テスト、テスト、またテスト…である。
今週末に大学の試験。
月末に教育実習受け入れのための試験…
時間がいくらあっても足りゃあしない。

大学の試験に関しては、
再度テストを受けることは可能。
しかし、
教育実習受け入れのための試験に関しては、
再度テストを受けることは不可能。

となれば、

自然とそちらのほうに身が入るというもの。
現状、

漢文<現代文<古文

の順番に仕上がっている感じ。
漢文がなかなか…
どうも句法暗記というのになじめない。
とはいえ、それがスタンダードなのだから、
やらなきゃいけない。

というわけで、
暗記をすこしでも軽減するように、と手に取ったのが

三国志で攻略!センター漢文12

構成は以下の通り。


第一部 三国志で攻略 漢文読解のポイント
 漢文読解のポイント
 あらすじ
 本文
 スーパー口語訳
 まとめ
 センター試験を攻略!

第二部 重要句形50
 公式
 例文
 解説

第一部は三国志演義の名場面を12紹介しながら、重要句形や背景知識の説明がある。
「漢文読解のポイント」で学ぶ内容を提示し、
「あらすじ」でそれまでのおおまかな流れ、
「本文」では重要句形が出てくると、第二章での参照番号が提示、
「スーパー口語訳」は流れを重視した意訳をメインに、
(ただし、重要句形の訳については赤字で提示)
「まとめ」で学習内容の確認および追加の知識整理、
「センター試験を攻略!」で実際のセンター試験にチャレンジ
という流れ。

第二部は、本文に出てきた重要句形および本文で扱えなかった重要句形を50にまとめて
解説してある。

一見、「三国志で…」という軟派なつくりに見えるが、
第一部の、

虚辞のはたらき(1)〜(3)
典故をもちいた表現
文章の構成

などは句形暗記ばかりの学習をしていた人間にとっては目からウロコといった内容。
まさしく「読解」についての説明。
しかもそれがセンター試験の問題を解くかぎにもなっているという…

これ一冊でどこまで…という内容のものではないが、
ある程度句形暗記をしてきた人がセンター試験の過去問題を解く前に、
読解慣れをするための最初の一冊として用いると良いと思う。


23:43 | Comment(0) | 参考書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。