スポンサ ードリンク

2011.09.03

教育実習受け入れ試験 その2

教育実習受け入れの為の試験に行って来た。
今日はその続き。
前日に解いてみたセンター試験の結果を受けて、
当日は全く何も勉強をしなかった。

これだけやったんだから、
ダメなはずはない。
もしダメならそれだけの話。

と思い、高校へ。

試験開始の10時だが、現地に9時に着いてしまった。
喫茶店を探すも、周りには何もない・・・
自動販売機でコーヒーを買って時間を潰す。
不安な事この上ないので、
古文単語の音声を聞き倒す。

さすがに二十分前なら問題ないだろうと、
いざ、母校へ。

試験会場である音楽教室に入ると、
すでに数名が到着している。
座席表が黒板に貼られてあったので、確認し・・・
・・・試験開始10:30??

・・・しまった、間違えた。
50分も早く入ってしまった。
まぁ、遅く来るよりははるかに良いだろう。
焦りをかき消すかのように漢文の句形をチェック。
どうも句形暗記はボクには合わない・・・

オレ、この試験が終わったら、
文法中心の学習をするんだ。

とフラグを立ててみる。

そしていよいよ試験開始。
全体に目を通してみる。

1)現代文の評論文
2)漢字 約20題
3)古文
4)漢文

予想通り、小説は出なかった。漢字がその代わりと言ったところ。
とはいえ、60分で四題。
難易度によっては時間が危ない。
即座に方針を立てる。
2)→4)→3)→1)
の順番。

実際に解いてみると、
センター試験レベルと言われたが、
高2レベルといったところか。
センター用の学習をしていたのなら、問題なく解ける問題ばかり。
ただ、勉強をして来ずに、
受験生時代の預貯金でなんとか乗り切ろうという者を切り捨てるような問題もある。
漢字や古文の文法問題(「見る」の活用の種類と活用形は?なんて問題)がそう。
地道に一から学習をし直していれば問題ないんだが。

さて、ほぼ問題なく学科試験は終了。
次は作文試験。

「教員免許取得の理由、目的を、特に『なぜその科目なのか』と絡めて
具体的に記述しなさい 」

とのもの。
大きく二つの案を考えたが、一つはボクにしか書けない特殊解。
もう一つは斬新ではあるが、他の人でも書ける一般解。
特殊解の方を選択し、きっちりと書き上げた。

なかなか自信はあるのだが、どうだろう。
結果は9月上旬に郵送されるとの事。
もうそろそろ郵送される時期だろう。
17:41 | Comment(0) | 佛教大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。