スポンサ ードリンク

2011.09.05

強殖装甲ガイバー 28巻 謎や伏線

強殖装甲ガイバー(28)について書いた。

昨日は単なるあらすじの紹介だったので、
今日は、
28巻の展開から考えられる謎や伏線について順々に書いてみる。

やはり、以下ネタバレ。


1)ガイバー2Fの目的は?

 存在そのものもなかなかに謎なガイバー2F。
 彼女がギュオーと邂逅する。
 そして、その後にギュオーが発した、

 「おまえの望みを叶えてやる」

 という言葉。

 その望みとは?
 そして、なぜギュオーが知っているのか?

2)アポルオンの謎二つ

 まずは、アポルオンの最初のセリフ

 「まさか、まだあれが生きていたとはな
  背後にいるのはジャービルとクルメグニクか」

 文脈から考えると、
 「あれ」というのはギュオーを指すのは間違いない。
 実際にジャービルとクルメグニクが
 ギュオーを調整したわけだから。

 しかし、「元」とはいえ、ギュオーもゾアロード。
 ジャービルとクルメグニクは名前で呼ばれ、
 ギュオーは「あれ」呼ばわり。

 ギュオーが特別な存在であるというわけだろうか。
 それとも、「あれ」が指すのは、
 ギュオー以外の何かということか。

 そして最後のセリフ

 「急がねば…
  約束の時は迫りつつある」

 言うまでもなく「約束」とは、
 「誰か」と「誰か」がするもの。
 複数の間で交わされるもの。

 「約束」をしたのは誰なのか。
 アポルオンがその一人であることは想像はつくものの、
 「誰」と約束をしたのか。

 宇宙に目をやっている表現があることから、
 「降臨者」と関わりがある可能性も。

 ただし、「降臨者」と「約束」をしたのかどうかはわからない。
 「降臨者」が地球にやってくるので、
 それに備えて…というのも考えられる。

 もう一人、謎を秘めている、イマカラムとの関係も考えられるが、
 それは明確な描写がなく、想像の域をでない。

3)巻島顎人の行動

 なぜ日本に戻ってきたのか。

 これが最大の謎。
 深町に

 「決着をつけよう」
 「俺と一緒に来る気はないか」

 と言っているのだが、再度の勧誘が目的とは思えない。

 最初のガイバー同士の戦いで、
 戦闘巧者として描かれているはずの巻島が
 あっさりと敗北している。

 深町の戦闘能力が高くなったといえばそれまでなのだろうが…

 そして、せっかく独自開発で手に入れたギガンティックダーク。
 どうもギガンティックXDのかませ犬に自らなろうとしているようにも見える。
 いや、ギガンティックXDの存在を知っているのであれば、
 敗北は明らかなはず。
 なぜ戦いを挑むのか。
 巻島は何かをつかんだのではないか?

 それは、敗北を認めた際に放ったセリフから伺える。

 「いいさ ひと思いにやってくれ
  (中略)
  そのかわり 後は頼んだぞ 深町

  この惑星(ほし)の 未来を」

 「この世界」ではなく、
 「この惑星」というセリフになっている。

 確かに宇宙船は登場しているが、
 巻島は「この世界」をなんとかしてやろうとは思っていても、
 「この惑星」については考えていなかったはず。

 この辺りが日本へ帰ってきた本当の理由と関わるのではなかろうか。

…ということで、3点しか言及していないのに、色々と謎は深まる。
細かな表現を追っていくと楽しい。
この謎は解き明かされるのだろうか。

【送料無料】強殖装甲ガイバー(28)

【送料無料】強殖装甲ガイバー(28)
価格:588円(税込、送料別)


17:28 | Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。