スポンサ ードリンク

2011.09.07

自炊をするメリット

自炊代行が著作権法違反らしい。
日々自炊にいそしむものとしてはいろいろと思わざるを得ない。

書籍をスキャンしてデジタル化することのメリットは様々にある。

1)デジタル化することで、紙の劣化の心配がなくなる
2)紙媒体と比べて、圧倒的に保管場所をとらない
3)場所をとらないので、一度に数十冊を持ち歩くことができる

ボクの環境であれば、
閲覧するための端末はiPad。
閲覧用ソフトはi文庫HD - nagisa
自炊したデータはpogoplugに接続されたiPod classicに入れてある。
Wi-Fi環境であれば、いつでもデータを取り出して読むことができる。


これで、生活環境が劇的に変わった。
問題集は必要なものをまず自炊。
問題部分は紙媒体で残しておき、解説部分は捨てる。
問題だけを持ち歩き、外出先で解く。
答え合わせはiPadを参照する。

このやり方の利点は、
複数の問題を持ち歩くことができるという点。
分厚い参考書や問題集を何冊も持ち歩くことなく、
必要な問題とiPadだけ持ち歩けばよい。
カバンは劇的に軽くなった。
そして、答え合わせが終わったら問題を捨てる。
さらに荷物はなくなる。
同じものを解く必要が出てきたら、該当箇所をプリントアウトすればよい。
デジタル化の強みである。

ボクは、自炊をしたおかげで、
参考書や問題集に対する執着がなくなった。

マンガや一般書籍も次々に自炊している。
マンガなら、必要なのは作品としての情報のみ。
一般書籍の場合は、自分にとって必要なところは抜き出してみたり、
ブログで紹介したりしている 。
あとは何年かに一回参照するかしないかといったところ。
しかし、捨ててしまうのは躊躇がある。
何年かに一度の「必要な時」に困るからだ。
もう一冊買えばよいという考え方もあるのだが、
最近の本はすぐに絶版になるので、気が抜けない。
したがって、いつ使うかわからないが、とりあえずとっておく
ということになっていた。

ただ、自炊することで、そうした悩みは一切なくなった。
保管場所の心配がほぼなくなったことで、
参考書、マンガ、一般書籍を問わず、
本を大量購入する事に躊躇がなくなった。
以前よりもかなり多くの本を購入している。
あくまでボクの経験談だが、
自炊そのものは、書籍周りの経済活動を活発にしている。
続きはまた次回。


FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500




22:44 | Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。