スポンサ ードリンク

2011.09.12

映像環境について ソフト編

Twitterでは、ここ数日どんなDVDを観たかを投稿している。
書籍であったり、参考書であったり、
映像作品であったり、
ブログに書くのはいろいろと整理をしないといけないので、
Twitterのほうが便利は便利。
特に「これを」というのがあればまたこちらのブログでも紹介するつもり。

で、今回は、昨日までの続きにもなるが、
ボク映像環境環境について書くことにする。
参考になる人がどれだけいるのか・・・
まぁ、現状の「記録」といったところで。

まずはソフトウェア環境について。

入手困難なもの以外は、
TSUTAYA DISCAS
のDVDレンタルを利用している。
ネット上でレンタル処理ができるもの。



;

レンタル候補リストを作成し、
貸し出し可能なものから二枚を選ぶ。
それが郵送されてくるという流れ。

同様のサービスで楽天レンタルがあるが、
実際に使ってみたかぎりでは、TSUTAYAのほうが
使いやすかった。
楽天レンタルは、(今はどうだかわからないが)
候補リストの上位二枚を自動的に郵送する仕組み。
TSUTAYAは自分で選べる。
選択できるというのが、かなり便利。

ただ、ある理由から
楽天レンタルや他のサービスに乗り換えようかと
思っている。
その理由は次のとおり。

もうずいぶん前に新規申し込みがなくなったが、
ボクが契約しているプランは

一ヶ月借り放題プラン。

一配送二枚で、一ヶ月のうち無制限にレンタルできるというもの。
配達されたその日に観て、郵送すれば翌日に返却扱い。
その日のうちにレンタル商品を確定すれば、さらに翌日には郵送される。
郵送時間にもよるが、
速ければ二日に二枚借りられることになる。
ということは、一ヶ月で三十枚。

料金はいくらかといえば、2079円(税込)
DVD一枚当たり69.3円。
破格の安さである。
これが先月から借り放題ではなくなった。
一ヶ月につき、12枚(つまりは、6配送)に変更された。
ユーザーとしては「うまみ」がない。
これから、他のサービスと比較してみて、
そちらのほうがよければ乗り換える予定。

携帯電話のような「しばり」は全くないからね。
ただ、もし乗り換えた場合、
Tポイントがかなり溜まったので、
それをどうするかというところが問題でしょうな。

ハード編については、
また次回。


;

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。