スポンサ ードリンク

2011.09.16

「朝1時間シート」で人生を変える法

「朝1時間シート」で人生を変える法( 山本 憲明著 中経出版)読了。

最近、本の購入は
もっぱらAmazonか楽天ブックスかブックオフオンラインといったところだが、
久しぶりに紀伊国屋書店に行き、
目に留まったので購入してみた。

タイトルからわかるように、

朝1時間の捻出の仕方
捻出した1時間で何をするのか

という内容。
構成は以下のとおり。

プロローグ
はじめに
第1章 毎日の積み重ねが、あなたの人生を変える
第2章 「朝「1時間 」が大切な5つの理由
第3章 「朝1時間シート」のつくり方・使い方
第4章 絶対早起きできる! 9つのコツ
第5章 「朝1時間」の後にすべきこと
第6章 「朝1時間」をさらに生かすためのツール
第7章 業種・職業別のオススメ「朝1時間シート」
第8章 実践!「朝1時間シート」をつくろう


まずは、第1章で「積み重ね」の大切さを説く。
積み重ねが大切だが、それは少しでもいいということを述べてもいる。
少しというのは、つまり「1時間」でも、続ければ大きな力になるということ。
「1時間」は決して小さなものではないということを述べている。

そして、第2章では、
どの「1時間」が有効なのか
(当然、「朝」である)
を説いている。

ここまでは、いわゆるマインド面での説明。
この部分までで、

確かにそうだな(実際にやっている)
やってみようかな

と思えなければ、その人にはこの本は向いていない。

そして、第3章からは具体的な実践方法について。
シートの作り方を簡単に述べると、

やるべきことをリストにする。
毎日できたかどうか、○×をつけていく。

というもの。
第8章で述べられているが、やるべきことのリストには作り方があって、

1)テーマを三つ決める(健康、家族、仕事、など)
2)テーマ一つにつき、2つの目標を立てる
3)1つの目標を達成するための具体的な行動を考える

というもの。この辺りが面白かった。

その他、第4章では、早起きするための秘訣、
第5章では「朝1時間」以外の使い方が述べられている。
第6章は、GmailやGoogleカレンダーなどのツールの使い方が紹介されている。
ただ、これはあまり具体的ではない。
「そんなものか」程度でいいと思う。

まずテーマを決めて、目標、具体的な行動を決定する。
そして、それを朝1時間で実行する。
その1時間を「積み重ね」ていく。
これが核。
それを核として、他の時間をどのように過ごすのかが徹底的に書かれてある。
ボクもすでに実践していることはいろいろとあったが、
ここまで徹底的に、つながりをもたせてはいなかった。
その点で反省。
そして、今後に生かしていかないとな、と思った。


23:27 | Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。