スポンサ ードリンク

2011.09.20

漢文の読みかた

漢文の読みかた(奥平 卓著 岩波ジュニア新書)読了。

大学の教科書に指定されていたもの。
本来、高校生用の岩波ジュニア新書が大学のテキストに指定されるとは・・・
受講生は、おそらく大学受験用の知識さえも怪しいのだろう。
(かくいうボクもそうだが・・・
ボクと同様に通信教育を受けている人はほとんどが、
「漢文」に苦しんでいた。)

様々な文章を読みながら、
句型をはじめとする様々な文法項目を確認していくというもの。

構成は以下の通り。


1 初歩の散文 ー 基本的な語法を中心に ー
2 中級の散文 ー 副詞・接続詞などを中心に ー
3 詩を読む ー 様々な詩体 ー

4ページ(もしくは2ページ)で一つの項目。
それぞれの項目の構成は、以下の通り。

導入(扱う文章についての簡単な解説)
訓読文
書き下し文
句型や単語の解説
現代語訳
文章や句型の追加解説、まとめ

重要な句型や単語はなんども解説しているので、
一通り読むだけでも、かなりの知識が着くはず。
文章量も結構多い。
句型中心の参考書でも、
文法中心の参考書でもどちらでもいいので、
一冊仕上げた後、問題演習に入る前に最適。
問題を解く前の「読み慣れ」養成として良いだろう。
当然、読解演習を積んでからの「読み慣れ」養成としても。

漢文の場合、
初心者用に文章を多く集めた書物というのが なかなか見当たらない。
知識の確認および読解演習を十分積めるという意味で
かなりお買い得な参考書と言える。


16:57 | Comment(0) | 参考書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。