スポンサ ードリンク

2012.01.26

シャカリキ 3(文庫版)

【送料無料】シャカリキ!(3)

【送料無料】シャカリキ!(3)
価格:750円(税込、送料別)




シャカリキ文庫版第三巻は、次のように構成されています。

1)インターハイ出場をかけた県予選
2)大学生との共同練習

この二部構成です。

一部は、自転車のチームロードが描かれます。
それまでいがみ合い競ってきた鳩村、野々村、由多たち。
石渡山市民サイクルロードレース大会を経て、
「チームで走る」という共通の目標を持ちます。

それまで競い合う相手だった人間が、
仲間になった時の信頼感に驚く野々村と由多。
このあたりは、ドラゴンボールのピッコロの例を出すまでもなく
王道という感じです。

鳩村を中心に一丸となって大会を目指す日の大亀ヶ岡高校。
3年連続優勝鳳帝高校。
留学生、ハリス・リボルバーを擁するあさみ野工業高校。

インターハイ出場は果たしてどの高校になるのか?

石渡山市民サイクルロードレース大会が
結果としてチームプレイになったのに対して、
こちらは
もとからチームプレイが求められます。

それはいったいどういうものなのか?
ルール
心理戦
勝つために必要な要素
様々なことが、魅力的な登場人物たちを通して描かれます。

第二部はチームロードではなく、個人の能力アップが描かれます。
インターハイ予選で自分たちの課題を見出した日の大亀ヶ岡高校。

しかし、目標を見失った選手がひとり…
誰あろう、主人公、野々村テルです。
いや、目標を見失ったというよりも、
目標を達成するための道筋や方法が分からなくなってしまった
といった方が正確でしょう。

その原因をつくったのが、

ハリス・リボルバー。

今のままじゃぜったい勝てへん…!!!

そう思い、あせるものの何をどうしていいのかわかりません。
スランプに陥るテル…。

そんな時、
由多監督が考えたのは、
日の本大学自転車部との合同合宿でした。
大学の自転車部を率いるのは、電算機と称された柘植たくや。

柘植との出会いに一体何があるのか?
テルはスランプを脱することができるのか?

そういう話です。

ライバルとの出会いに歓喜する主人公はいても、
ここまで戸惑う主人公はなかなかいないのではないでしょうか。
このあたりが作者である曽田正人さんの描き方のうまさでしょう。

そりゃあ主人公なんですから、
スランプにも陥るし、そこから脱することも予想できます。
今作では、本当に丹念に、じっくりと、時間をかけて
スランプに陥っていくさまを描いています。
そこが伏線となって、今後の爆発力をうむわけですから、
やはり曽田正人作品は面白いです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。