スポンサ ードリンク

2012.02.26

OverDrive 8(アニメDVD版)



原作:安田剛士
監督:加戸誉夫
キャラクターデザイン:岡勇一
出演(声):梶裕貴/保村真/野島健児/谷山紀章
製作年:2007年
収録時間:72分


OverDrive第八巻は第二十一話から第二十三話までを収録しています。

<第二十一話>

気負ってしまい、落車してしまった深澤。
トップとの差が四分。
差があるどころか、
リタイアかと思われたものの、

深澤遥輔を優勝させるのはボクだ

とナンバー2のプライドをみせる寺尾。
決死の追い上げのために、深澤をひくことを宣言します。
そんな寺尾にひかれている中、
自転車部創部のころ、
幼少期の自転車との出会い、
さまざまなことを思いだす2人。
そして…


<第二十二話>

玉砕覚悟で寺尾がひっぱったおかげで、
遥輔はトップの大和と兵藤に追いつくことができました。

トップグループにはいるものの、
いまだ沈黙を守る兵藤。
それが戦略なのか、それとも力の限界なのか…
そんなことを周りに思わせる中で、
兵藤は、海外での苦い過去を思い出します…。


<第二十三話>

さて、二回目の山岳賞ポイントです。
今回は誰が山岳賞をとるのかが中心です。
毎年の恒例として、
二回目の山岳賞をとった選手が優勝しているとのことです。
山岳賞をとるのは誰でしょうか?

…というところで、
いきなり学園ドラマに…。
ミコトと大和の青春恋物語というか…
この作品の馬鹿馬鹿しさをあらわす回です。

ちなみに、
大和の過去が一瞬語られます。
左足ふくらはぎにある、
十字の傷。
誰が傷つけたのか?
どうして傷ついたのか?
(…というところなんですが、今作ではその謎解きはされていません。
 続編が製作されると語られるんでしょう。
 原作では語られているようです。)



まだきちんとロードレースを見ていないので、
よくわからないことがあります。

それは、

引っ張る

ということ。
自転車競技が風の影響をかなり大きく受けるのはわかります。
日々、淀川沿いを走っていると全く違います。
だからといって、

引っ張る

ことで、四分もあった差が一気にうまるものなのでしょうか。
まだまだわからないことが多いです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。