スポンサ ードリンク

2012.02.06

シャカリキ 7(文庫版)



さて、自転車マンガの名作シャカリキの紹介も最後となりました。
文庫版最終巻はツール・ド・おきなわの決着がつきます。
構成は以下の通りです。


1)野々村テルvsハリス・リボルバー
2)野々村テルvs鳩村大輔
3)野々村テルvs由多比呂彦→ツール・ド・おきなわ決着
4)エピローグ


またまた構成を書くだけで
展開が予想されてしまいます…
しょうがない所でしょうか。


1)野々村テルvsハリス・リボルバー

セカンドウインドに目覚めた野々村テル。
ハリス・リボルバーとの山岳王勝負に決着がつきます。
前巻からの流れでここは想像がつくところ。

ただ、周りの人間の反応が面白いです。
早すぎたツンデレこと由多監督のガッツポーズと
ライバルの勝利に静かにガッツポーズをする
由多比呂彦の姿は名シーンです。

さて、今作でのツール・ド・おきなわでは、
山岳賞は二つ設けられています。
一度目の山岳賞は決定しましたが、
二度目の山岳賞がまだ決定していません。
次の山岳賞に向けての勝負がさらに繰り広げられます。


2)野々村テルvs鳩村大輔

二度目の山岳賞争いです。
これがもうえげつない。
野々村テルと鳩村大輔というチームメイト同士の戦いです。
この辺りから、
野々村テルが「坂バカ」という表現から、
鬼気迫った感じの選手として描かれていきます。

行き過ぎると良くないというか、
曽田正人作品の主人公に共通するところでしょう。
当初は、その能力なり集中力に魅力を見出すものの、
それが常軌を逸していることに周囲が気づき、
ついていけなくなる…。
そんなところが描かれます。


3)野々村テルvs由多比呂彦→ツール・ド・おきなわ決着

そんな人間離れしたものを見せつけた野々村テル。
作者、曽田正人にはまだまだ選手が控えています。

それは当初からきっちりと描いていたライバル、
由多比呂彦です。

クライマーである野々村テル。
対して、
スプリンターである由多比呂彦。

ジャンルは違えど、由多も野々村テルと同じくらい
常軌を逸した選手として描かれています。
その二人の直接対決。

それぞれの得意分野で対決をしたあとに残るものは…
そして決着がつきます。


4)エピローグ

ツール・ド・おきなわが終わり、その後が描かれます。
それぞれが自分の現状を把握し、
次に向かって成すべきことを決めていくという話です。
その中で、野々村テルは…?


連載が1992年〜1995年と、
20年近く前の作品ですが、
いまだに自転車乗りを魅了してやまない、不朽の名作といって良いでしょう。
自転車マンガとして読むなら、
まずはこのシャカリキをオススメします。



2012.02.02

シャカリキ 6(文庫版)

【送料無料】シャカリキ!(6)

【送料無料】シャカリキ!(6)
価格:750円(税込、送料別)



さて、シャカリキ!文庫版 6巻は、次のような構成となっています。


1)野々村テルとハリス・リボルバーの実質初対決
2)酒巻玲於奈の乱入
3)ハリス・リボルバーの回想
4)野々村テルとハリス・リボルバーの対決再び
5)鳩村追送
6)復活、野々村テル


…相変わらず、構成を書くだけでネタバレですが…。
ツール・ド・おきなわというレースを描いているため、
本当に様々な盛り上がりがあります。
さて、それぞれ追っていくことにします。


1)野々村テルとハリス・リボルバーの実質初対決

いよいよテルとハリス・リボルバーの初対決です。
インターハイ予選の際に同じレースに出てはいるのですが、
その時はチーム走行だったために、
一対一の戦いというわけではありませんでした。

どっちが坂で一番なのか?

その意地の張り合いがみられます。


2)酒巻玲於奈の乱入

そんな高校生二人の姿をみて黙っていられないのが
カイザーこと酒巻玲於奈。
一世代どころか、二世代下の連中に
トップで争われては、酒巻の自尊心が許しません。

今度は酒巻を入れての坂での意地の張り合いがみられます。


3)ハリス・リボルバーの回想

ハリス・リボルバーがいかにして自転車に乗り始めたのか、
その回想が描かれます。
ハリスが故郷のことを思い出すきっかけとなったのが、
沿道にいた野々村テルの母親の姿。

なんだか、はじめの一歩の
ヴォルグ・ザンギエフを思い出してしまいます。


4)野々村テルとハリス・リボルバーの対決再び

酒巻玲於奈との意地の張り合いを制したテル。
再度ハリス・リボルバーとの戦いとなります。

…が、すでに酒巻との戦いで
足を使っていたテルは…


5)鳩村追送

さてさて、盛り上げるだけ盛り上げておいて、
曽田正人は追撃の手をゆるめません。
さらに盛りあがる要素を投入してきます。

オールラウンダー、鳩村の登場です。
鳩村が先頭集団を追いかけるドラマです。
(まだまだ、由多というカードが残っていることを思うと、
 本当に丹念に描いているのがわかります)


6)復活、野々村テル


足を使いきったと思われた野々村テル。
意識がもうろうとする中で劇的な復活をします。
その復活を導いたのが…

シャカリキの文庫版も残すところあと一巻。
ツール・ド・おきなわの勝者は誰なのか?
そして、どうやって読者をねじ伏せて納得させるのか?
そのあたりが本当に楽しみになってくる巻です。

2012.01.30

シャカリキ 5(文庫版)

【送料無料】シャカリキ!(5)

【送料無料】シャカリキ!(5)
価格:750円(税込、送料別)



シャカリキ! 5巻(文庫版)は、次のような構成になっています。


1)ハリス・リボルバーvs鳩村、由多とテルの復帰
2)ツール・ド・おきなわ参戦


1)ハリス・リボルバーvs鳩村、由多とテルの復帰

各自転車大会で圧倒的な強さをみせつけていたハリス・リボルバー。
唯一対抗できるとされたのが、鳩村と由多でした。
そして三人の直接対決の決着が描かれます。

結果は…

まぁ、おわかりだと思いますが。
ハリス・リボルバーはあくまでテルのライバルとして描かれているので…
ただ、その描き方がやはり素晴らしいです。

そして自転車部に復帰するテル。
その体つきをみて、
自転車部の皆は
その壮絶なトレーニングを想像し、
喜びをもって迎えます。


2)ツール・ド・おきなわ参戦


とうとうツール・ド・おきなわへの参加です。
本当にずいぶん前からの振りがあり、ようやくの参戦という所でしょうか。
鳩村の十位入賞という設定が出てきたのは文庫版第一巻の頃のことですから。

例の記録オタク、鷲尾さんの再登場に始まり、
石渡山レースで戦った、帝都鋪道の牧瀬健太郎選手の再登場。
さまざまな実業団の選手が登場するなかで、
日本随一の選手、酒巻玲於奈が登場します。
この酒巻玲於奈が倒すべき壁として描かれるのであろうことは
想像に難くありません。

とうぜん、
ライバル、ハリス・リボルバーの姿も。

そしていよいよレース開始。
風を利用した数々の知能戦。
その作戦をあえて突き崩す、男の意地。
戦いは、平地での走行を経て、
山岳へ。

そこでテルは、
酒巻玲於奈と邂逅…
するのではなく、
ハリス・リボルバーと対峙。

これはシャカリキ史上に残る迷シーンです。
その迷シーンをもって文庫版第五巻は終わります。

2012.01.28

シャカリキ 4(文庫版)

【送料無料】シャカリキ!(4)

【送料無料】シャカリキ!(4)
価格:750円(税込、送料別)



シャカリキの四巻は以下の構成となっています。

1)日の大自転車部合宿 その1〜強化編〜
2)日の大自転車部合宿 その2〜実践編〜
3)リハビリ編

なるべくネタバレしないように書いていきたいのですが、
どうしてもネタバレしてしまっています…

「一体この少年は何ものなのか?」〜終〜

次回予告
「ボクの名前はトランクス。ベジータの息子です」
ズコーー

っていうような…。
ま、いいか。
ということで、以下ネタバレです。


1)日の大自転車部合宿 その1〜強化編〜

ハリス・リボルバーとの衝撃的な出会いから、
山なら誰にも負けないという自信が打ち壊されたテル。
極度のスランプに陥るものの、
脱出のきっかけをつかむことが出来ます。
それが、日の大自転車部キャプテン柘植の

「山は上半身で登るものだ」

ということば。
これまで下半身だけで登ってきたテルにとって、
具体的な課題がみつかります。
そこから過酷な訓練に臨むことに。

日の大自転車部監督の原の協力もあり、
上半身がどんどんと強化されていきます。

具体的な目標が見つかった時の、
偏執的ともいえるトレーニング、
熱中の仕方というのは、曽田正人作品ならでは
という感じです。


2)日の大自転車部合宿 その2〜実践編〜

合宿の総仕上げとして、レースが行なわれます。
毎年恒例となっているようで、
自転車部だけではなく、
街の自転車乗りもそのレースに参加します。

正式なレースでも何でもないのに、
街の全面的なバックアップを受けたレースです。

なぜそうしたレースになったのかというと
由多監督の存在があるゆえ。
彼が選手時代にこの街で世界記録を出したからです。
レースの賞品は、
由多監督が選手当時に来ていたジャージ。

そのジャージを
柘植は毎年守り抜き、
鳩村や現地のレーサーは「今度こそオレが…」と
目の色を変えて取りに行こうとします。

自分が憧れの対象であると皆にアピールされ、
デレる由多監督の姿が面白いです。

…が、

その憧れのジャージに目もくれない人物が二人。
その二人を由多監督が見込むという構図。
そういった所に曽田正人作品の面白さがあるんでしょうね。


3)リハビリ編


さて、具体的な強化目標が定まったからといって、
それだけでテルがハリス・リボルバーに勝てるというわけではありません。

鬼才・曽田正人はさらに主人公に試練を与えます。
それが合宿レースの最終局面での出来事。

どん底からの復活劇

というのはハリウッド映画でもよくある手法ですが、
そこに説得力がないと陳腐になってしまいます。
このリハビリ編は、登場人物全てがなかなかに深く描かれています。

このあとどうやって復活していくのか?
テルは、ハリス・リボルバーにどうやって勝つのか?
それはこのあとの巻で描かれます。


2012.01.26

シャカリキ 3(文庫版)

【送料無料】シャカリキ!(3)

【送料無料】シャカリキ!(3)
価格:750円(税込、送料別)




シャカリキ文庫版第三巻は、次のように構成されています。

1)インターハイ出場をかけた県予選
2)大学生との共同練習

この二部構成です。

一部は、自転車のチームロードが描かれます。
それまでいがみ合い競ってきた鳩村、野々村、由多たち。
石渡山市民サイクルロードレース大会を経て、
「チームで走る」という共通の目標を持ちます。

それまで競い合う相手だった人間が、
仲間になった時の信頼感に驚く野々村と由多。
このあたりは、ドラゴンボールのピッコロの例を出すまでもなく
王道という感じです。

鳩村を中心に一丸となって大会を目指す日の大亀ヶ岡高校。
3年連続優勝鳳帝高校。
留学生、ハリス・リボルバーを擁するあさみ野工業高校。

インターハイ出場は果たしてどの高校になるのか?

石渡山市民サイクルロードレース大会が
結果としてチームプレイになったのに対して、
こちらは
もとからチームプレイが求められます。

それはいったいどういうものなのか?
ルール
心理戦
勝つために必要な要素
様々なことが、魅力的な登場人物たちを通して描かれます。

第二部はチームロードではなく、個人の能力アップが描かれます。
インターハイ予選で自分たちの課題を見出した日の大亀ヶ岡高校。

しかし、目標を見失った選手がひとり…
誰あろう、主人公、野々村テルです。
いや、目標を見失ったというよりも、
目標を達成するための道筋や方法が分からなくなってしまった
といった方が正確でしょう。

その原因をつくったのが、

ハリス・リボルバー。

今のままじゃぜったい勝てへん…!!!

そう思い、あせるものの何をどうしていいのかわかりません。
スランプに陥るテル…。

そんな時、
由多監督が考えたのは、
日の本大学自転車部との合同合宿でした。
大学の自転車部を率いるのは、電算機と称された柘植たくや。

柘植との出会いに一体何があるのか?
テルはスランプを脱することができるのか?

そういう話です。

ライバルとの出会いに歓喜する主人公はいても、
ここまで戸惑う主人公はなかなかいないのではないでしょうか。
このあたりが作者である曽田正人さんの描き方のうまさでしょう。

そりゃあ主人公なんですから、
スランプにも陥るし、そこから脱することも予想できます。
今作では、本当に丹念に、じっくりと、時間をかけて
スランプに陥っていくさまを描いています。
そこが伏線となって、今後の爆発力をうむわけですから、
やはり曽田正人作品は面白いです。


2012.01.21

じてんしゃ日記





もっと早く出会えていれば・・・
そう思わせる作品は数多くあります。

この本もそうしたうちの一つです。
自転車入門を日記マンガの形式で教えてくれる本です。
スポーツ自転車に乗ろうと考えている人は
まずこれを手にとって読んでみるのをオススメします。

どういう本かというのは、
作者の一人である高千穂遙さんのあとがきが
わかりやすいので紹介をします。


2006年の4月に、NHK出版から「自転車で痩せた人」を上梓した。
だしてしばらくしてから、漫画家の永井豪さんに言われた。
「文字ばっかりなので、内容を具体的に把握できない。もっとグラフィックな本をつくってくれ」
いかにも漫画家らしい要望である。
グラフィックな本というと、最初に思いつくのは「自転車で痩せた人」の漫画化だ。しかし、そのまま漫画にしても何もおもしろくない。内容はただの焼き直しになる。それでは出版する意味がない。
と、そこでひとりの漫画家の顔が浮かんだ。
愛娘、一本木蛮ちゃんである。
(中略)
蛮ちゃんの日記漫画なら、すごくいい本ができあがる。
わたしは直感した。タイトルは「じてんしゃ日記」。これしかない。
蛮ちゃんはちょっと前にクロスバイクを買った。買ったはいいが、多忙で走行距離が伸びていない。はっきりいって自転車初心者のまま、時間だけが過ぎた。


つまりこういうことです。
「自転車で痩せた人」のように初心者向けの自転車紹介のマンガ。
講師として高千穂遙さん。生徒として一本木蛮さん。
生徒である一本木蛮さんの日常を日記マンガとして描くというわけです。
高千穂遙さんご自身の経験も踏まえながら、

導入に当たっては何を気にすればいいのか?

など、まさしく日記形式で時系列にそって話が展開して行くので面白いです。
そして、経験者として

ここで苦労した。
ここで失敗した。
こうしておいたから助かった。

という体験談を語ってくれます。
初心者であるボクにとってはかなりの情報量でした。
高千穂遙さんの一日のスケジュールが書いてあったのも見逃せません。
それを参考にボクも自分の一日のスケジュールを組み直しました。


【送料無料】じてんしゃ日記

【送料無料】じてんしゃ日記
価格:1,050円(税込、送料別)


2012.01.11

シャカリキ 2(文庫版)

【送料無料】シャカリキ!(2)

【送料無料】シャカリキ!(2)
価格:750円(税込、送料別)



シャカリキ 文庫版第二巻は石渡山市民サイクルロードレース大会がメインです。
そのレースがスタートするところから始まります。

一番坂よりも大きい、石渡山に登るためだけにエントリーしたテル。
初めてのレースに戸惑いを見せるものの、
周囲のアシストや監督の指示のおかげで先頭集団にくらいつけました。

先輩の鳩村、ライバルである由多と競いながら、
実業団の若手ナンバーワン選手とされる牧瀬との勝負もあります。

手に汗握るレース展開の中で、

サイクルロードレースの楽しみ方
上りと下りの筋肉の使い方の違い

などを説明する手腕は見事だと思います。
当然「説明」だけにとどまらず、

心無い観客が招いたアクシデントとそれの対処、
そしてそこから招かれる悲劇。
チームプレイに徹するよう非情の采配を振るう由多監督の真意とは?
鳩村が自分の自転車に異様なこだわりを持つその理由とは?
精も根も尽き果てかけたテルを後押ししたものとは?
今大会から新設された石渡山山岳王のジャージは誰が着るのか?
優勝は一体誰が?

などなど、レース展開は白熱し、キャラクターは掘り下げられます。
身内ばかりではなく、帝都鋪道の牧瀬選手の描写はすさまじいものがあります。
プロに徹するということの厳しさ、大切さが描かれています。
同じ曽田正人作品のcapetaで、

マスコミ対応もレーサーの仕事のひとつや

というようなセリフがありますが、それを地で行っているという感じです。
小川に完膚無きまでにたたきつぶされたにもかかわらず、
大口を叩くプロレスラー橋本真也の姿も思い出しました。
そのすさまじさ、物凄さ。

そして、最後にテルの二人目のライバル、ハリス・リボルバーの登場で第二巻は終わります。


2012.01.09

シャカリキ! 1(文庫版)

【送料無料】シャカリキ!(1)

【送料無料】シャカリキ!(1)
価格:750円(税込、送料別)



ボクにとって、
自転車漫画といえば、シャカリキです。
おそらくこのマンガと出会わなければ、ずっとママチャリで生活していたことでしょう。

以前、コンビニ用に簡易装丁で出版されたこともあり、
また、映画化もされたため、名前だけは知っているという人もいるかもしれません。

文庫本一巻は大きく分けて2部構成。

1)少年〜中学編
2)高校入学編

1)の少年〜中学編のあらすじは以下の通りです。

関東から、坂の多い関西のとある町へ引っ越して来た野々村テル。
引っ越し前から約束していた自転車を両親に買ってもらうが、
その町には坂が多いため、自転車を乗る人間などいないのだとか。

中でも、急で長い坂は二つあり、
それぞれ、二番坂、一番坂と名付けられている。
町の少年たちにバカにされながら、
教師に注意されながらも坂を自転車で乗り続けるテル。

坂を登り続けるテルの姿はいつしか町の名物となっていた・・・

2)の高校入学編のあらすじは以下の通りです。

それまで坂を登るための手段だった自転車。
高校進学を前にして、目標もなにもなかったテル。
そんなテルの前に、ある人物が現れる。
その人物との出会いによって、

自転車部という部活動があること

を知る。
その人物が所属する学校を志望校とするテル。
その人物とは・・・

自転車ロードレース界で有名な監督
由多比呂士

とその息子でテルと同い歳の
由多比呂彦

そして、高校入学と同時に自転車部に入部。
キャプテン鳩村は、前年度ツール・ド・おきなわ10位の実力者。
強豪ぞろいの自転車部でテルは新たな目標を見付け出す。

連載開始時、どこまで資料があったのでしょうか。
ものすごく細かいことですが、
そして自転車とは全く関係のないことですが、
少年時代は関西が舞台。
ある世代以上の関西の少年のあるあるとして、

クラスに一人は
近鉄バファローズの帽子をかぶる少年がいる


というのがあります。
阪神タイガースではなく、近鉄バファローズです。
一巻で、そうした少年が登場します。
作者の曽田正人さんは東京出身の方のようですし、
これは編集者がツボをついた資料を用意していたのか…



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。